ハースストーンと愛妻、あと好きなもの

3児の父・社会人ハースストーンファンの趣味と備忘録

【動画紹介】新カード「サスロヴァール」入りラスパラがインチキ級に強かった

f:id:macomooo:20191108165919p:plain


わっさ! macomoです。

 

新拡張「ドラゴン大決戦」のリリースに先駆けて、新カードのレジェンド「サスロヴァール」が先行プロモーション配布されていますね。ログインして、僕ももらいました。

 

で、この新カード。まっさきに思いつくのが、あれですね。

 

f:id:macomooo:20191108155419p:plain f:id:macomooo:20191108155431p:plain

シャヴァーラ×聖なる怒りのコンボ。

 

パラディンのアーキタイプ「聖なる怒りデッキ」に新カード・サスロヴァールを入れて、0マナのシャヴァーラを何回も使いまわそう、っていうコンセプト。

 

それをさっそく実演してみせてくれた動画が最高だったので紹介します。

 

こちら!

 

www.youtube.com

【新カード】新レジェンドま・じ・で・強え!相性◎!ホーリーラスパラディン!!【Hearthstone/ハースストーン】

 

所属チーム・What'sUpのヘンリーさんがYouTubeで公開しているハースストーン動画で、ラスパラにサスロヴァールを入れるデッキのプレイ感を見せてくれています。

 

20分弱の視聴しやすい動画で、試合は2ゲーム収録。クエストシャーマンと(おそらく)コントロールウォリアーとの対戦で、ヘンリーさんのラスパラがどちらも圧勝しました。

 

いままで僕はラスパラってプレイ難易度が高くて自分で使っても勝てないだろうな、という思い込みから食わず嫌いでいたのですが、動画を見て気が変わりました。

 

めっちゃ面白そう!!!!

 

とにかくシャヴァーラを気軽に複数体並べてズルできる動きが、見ていて本当に爽快。気分がよかったんです。動画みてて「最高っ!」って声に出しちゃうのってたまにしかありませんもんね。(たまにある)

 

あとあれね、ヘンリーさんてめっちゃ楽しそうにハースストーンをプレイするよね。

 

 

速攻でシャヴァーラをクラフトしちゃいました( ̄▽ ̄)b

 

実際に使ってみた

さっそく動画にならって僕も食わず嫌いだったラスパラを作ってみました。

 

f:id:macomooo:20191108160121p:plain

■デッキコード 
AAECAZ8FDPoB7QXPBvsM/fsC/PwCvYYDzocD/KMDlqwD/bYD59IDCZwCswPcA/YHp/cChPwC2f4Cz4YD7IYDAA==

ヘンリーさんのデッキから少し変更してまして、

「プリズムレンズ」1枚→OUT

「大祭司ジカール」→IN

してます。

 

ジカール入りのラスパラはいままで「ケンゴー」回復2倍効果くらいであまり強い動きではなかったのですが、サスロヴァールのおかげでシャヴァーラで雑に体力を回復しやすいデッキ構成になったため、ジカールが活躍する局面が増えたと考えたからです。(動画のコメント欄にも同様のアイデアがありました)

 

使ってみて分かったのは、やっぱり予想通りめちゃめちゃ難しいデッキだということです。かなりテクニックというか、プレイスキルが必要なデッキに見えます。除去を切るタイミング、攻めつ守りつシャヴァーラのコストを下げる意識も必要で、マリガンにもセンスが要求される複雑なデッキです。

 

せっかくなので、実際につかってみたプレイ感などを書いていきます。

 

基本マリガン

マストキープは「クリスタル学」と「ジカール」。

アグロ予想には「火霊術師」もキープ。後攻ならさらに心強い。

マッチによっては「サルノス」「初級エンジニア」を返してでもクリスタル学を探しに行きます。

長期戦を予想する場合、サスロヴァールをキープしちゃってもいいかも?というのがいま考えていること。ソーリサンを引いたときに確定で1コス下げられるので初期ハンドにサスロヴァールあったらキープもありかも、と。ほかの手札との相談で検討したいです。

 

サスロヴァールが宇宙 

f:id:macomooo:20191108155211p:plain

新カードのサスロヴァールがやばい。宇宙めいてる。ヘンリーさんも言っていますが、このデッキとの相性が良すぎなんですね。

 

特にサスロヴァールのおかげで、中盤~終盤にシャヴァーラを雑に使えるチャンスが増えているのが強いです。盤面形成、手札強化、フィニッシュプランへの貢献、体力回復まで、ぜんぶ一手でできてしまう。

 

具体的にはこういう感じ。

 

f:id:macomooo:20191108161426p:plain

ラスパラのミラーマッチで、状況は終盤。

 

お互いデッキ切れ達成まであと少しというところで、13ターン目・後手番の僕が先にデッキを空にしました。

 

で、まずはシャヴァーラを出して。

 

f:id:macomooo:20191108161747p:plain

 

続いてサスロヴァールを出す。

すると、空の盤面からこうなる。

 

f:id:macomooo:20191108161858p:plain

 

聖なる盾持ちの7/5・急襲・生命奪取が2体

5/5悪魔が1体

手札にシャヴァーラ追加

デッキにもシャヴァーラ追加(=聖なる怒りリーサルの条件達成)

 

て。

 

なんやこれ!!!!

 

雑なのに、強い。雑だから、強い。すごい効果です。

 

返す14ターン目、相手もほとんど同じようなことをやってくるのですが、こちらを倒しきることはできず、僕のターンでコンボがきまってこのゲームは勝利できました。

 

しかもサスロヴァールのすごいところは、ラスパラのコンボを邪魔しないことです。

 

ポイントは、試合の途中で「ソーリサン皇帝」の効果でサスロヴァールか「悪意の銀行家」のコストを下げておくこと。これをやっておくと最終盤の詰めに多様な柔軟性が生まれます。

 

無駄にヒロパを撃たないように

あと、ミラーマッチのときに特に気を付けるべきこととして、不用意にミニオンを場に残しておかないようにする、というのは大切だなと思いました。銀行家や初級エンジニア、苦痛1/3みたいな、プレイの都合で残ってしまうのがしょうがないミニオンもいますが、たとえば用事もないのに1/1をヒロパから出すのは自殺行為です。

 

その小粒ミニオンめがけてシャヴァーラが飛んでくるわけで。7点回復されてしまうわけで。そのせいで体力が26以上になって、聖なる怒りのリーサル圏内から逃げ切られてしまうかもしれないからです。

 

銀行家を無駄出ししてもいい時、ダメな時

f:id:macomooo:20191108163207p:plain

リーサルコンボに必要なコンボパーツ「悪意の銀行家」ですが、こいつは終盤まで手札に残しておきたいカードなので手札にだぶつきます。そのせいで手札があふれてしまう原因になりやすいです。

 

ところが、繰り返しやっているとわかるのですが、銀行家を2枚コンボにからめなくても勝てるときがあります。というか、だいたいそのほうが多いです。

 

なので、対戦相手が「聖なる怒りを1発で倒せるタイプ」か「聖なる怒りを2発撃たないと沈まないタイプか」をゲーム中に見極めることができれば、手札を溢れさせないために序・中盤で銀行家を空の盤面にポン出ししちゃうのはプレイングとして有効だと思いました。

 

ミラーマッチは「シャヴァーラのコストを下げたもん勝ち」

もういっこポイントとしては、ミラーマッチにおいてはカードを引き切ることと同じかそれ以上に、高コスト呪文を無駄に撃ってでもシャヴァーラのコストを下げておくことが勝利につながると感じました。

 

f:id:macomooo:20191108164155p:plain f:id:macomooo:20191108164216p:plain

 

「縮小光線」や「聖別」をバリューを出さずに安く使っていきます。手札溢れを避けること、シャヴァーラのコストを下げることを同時に行うために必要だと判断したら、極端な話、空の盤面に撃ってもいいくらいだと思います。

 

相手が手札を引くことにばかりこだわっていた場合、最終盤においてシャヴァーラのコストが0になっていなかった、みたいなことがあるわけです。ミラーマッチの場合はそれでくっきりと勝敗が分かれるので、ドローばかりではなくシャヴァーラを安くする意識も忘れないようにしたいです。

 

まとめ

ラスパラ、やってみると奥がふかいですねー。

 

難しいので勝率はあまり安定しませんが、わりと雑にやっても勝てます。しっかりやっていけばレジェンドヒットも夢ではない、そんなポテンシャルをもったデッキだと思いました。

 

それでは、また。 

ドラマ:シャーロック・第4話感想/ミステリドラマでやってはいけないことの見本みたいな話

シャーロック4話も見ました。今日はその感想です。
 
なんですけど、はい、すいません、めずらしくネガティブな感想になります。正直、4話はストーリーに無理がありすぎた気がします。書くべきことが見当たらないくらい、あらすじの不自然さが際立っていてちょっと困ってしまいました。
 
謎の提示も興味がそそられず、
 
容疑者であるところのチャンピオンの行動も行き当たりばったり感あり、
 
真犯人の動機やトリックもさすがに無理あるやろ、
 
ってな具合で、このシリーズが「捨ててきた」部分が露骨に弱点になって表れてしまった、という感想です。あれ~、3話まで面白かったんだけどなぁ。。。うーん。
 
とくに、ひとりのキーパーソンに設定を詰め込みすぎているのが難点でした。元教師で生徒と恋仲になり子供を宿すも身を引いて姿を消し教師を辞して塾講師になり公園の遊具の事故で命を落としたんだけど思い出の傘というアイテムがやがてトリガーになって現在の事件を導くと見せかけて実はそうじゃなくてそれはそれとしてチャンピオンのジムの経営者と大学から知り合いで横恋慕されていた、とか、いやいやいやいやいやいやいや! 朝ドラの主人公でもこんな設定盛ってねえよってくらいの情報がてんこ盛りで、この人のことを理解するのに僕の頭ではなかなか追いつかなくて大変、というね、もう、ちょっと、本当にごめんなさい。僕には難しすぎた!
 
謎やトリックが難解ならいいんですけど、書き手の都合をキャラクターに押し付けすぎちゃまずいんじゃないかしら?というのが、今回すなおに思ったことです。
 
すいません、これ以上書くと愚痴にしかならないと思うので、短いですけど今回はこれで終わります。5話はもっと面白くなるといいなぁ。
 
それでは、また。

うっかりしてたらハースストーンが別のゲームになってた

こんにちは、macomoです。

 

しばらくブログ更新をさぼっている間に、ハースストーン界には大変化がもたらされていました。

f:id:macomooo:20191107113744p:plain

 

オートチェスめいた新ゲームモード「ハースストーンバトルグランド」。

 

まじか。びっくり。

 

 

 

スマホゲームはハースストーンばっかりやっているから、新しいゲームをやるのにはなんとなく心理的な抵抗があって、本家オートチェス(って書くと怒られそうだけど)はやったことないんですが大流行してるんですよね、それは知ってます。

 

やったことないけどいつかやってみたいなぁ、とばくぜんと思っていたので、ハースストーン版の同じような、それでいてハースストーンでもあるというこの新モードは大変歓迎したい気持ちです。

 

で、11月7日現在、すいません僕はまだ未プレイなんですが、はやくやってみたい!盛り上がるといいなぁ!

 

それでは、また。

ドラマ:シャーロック・第3話感想/面白がる男、ディーンフジオカ

こんにちは、macomoです。
すっかりブログの更新をさぼってしまいましたが、お久しぶりのドラマ・シャーロック感想です。今回はもう時期を逸してるけど、いまさら第3話! 
 
ディーンフジオカVS地面師詐欺グループという、2話の予告の時点で僕としては「めっちゃ面白そう!」と期待のハードルを上げまくって見たのですが、余裕でしたね。ハードル超えてくる超えてくる。3話もやっぱり面白かったなあ。
 
ということで、ドラマ・シャーロックの第3話を観た感想を書きます。
 

脳がだんだん慣れてきたぞ

1話、2話でディーンフジオカの美しさやかっこよさにノックアウトされまくってきましたが、続く3話において、僕は自分のなかに変化が起きていることに気が付きました。

なんか、ディーンフジオカに慣れてきたぞ。
そうなんです。脳がディーンフジオカの美への耐性を獲得してきたみたいなんです。いままでは彼の美にばかり意識がいって、まず先に疑問が湧いていました。なんでこんなかっこいいの?こんな美形が地球に実在するの?あるくフィクションなの?みたいな。
そのせいで細かい演技プランや動作の意図を深く味わうことができなかったのですが、それが変わり始めました。だんだんディーンフジオカがディーンフジオカであることを受け入れられるようになってきたんです。(なにいってんだこいつ)
 
いままではディーンフジオカをどこか現実離れした超人だと思っていましたが、もう、なんか、それでいいな、と。もうディーンフジオカは、現実にいるんだってことを僕はいいかげん認めることにしました。

それなのに、ディーンフジオカはやっぱりかっこいい。ディーンフジオカ演じる獅子雄が、謎を面白がる姿を見ているだけで、なぜかたまらなくわくわくします。


面白がることって、かっこいい

ディーンフジオカのふるまいは、いったい何を表しているのか? 僕は考えました。彼は、面白がっている。誰しもが見逃すようなささいなことも、それが「謎」であるならば、彼にとっては面白いこと。
 
たいくつな人生でも、そこに楽しさを見出せるなら最強なんです。楽しいを自分で見つける人は強い。獅子雄がかもしだす強キャラ感とは、知識の豊富さ、気づきのセンスだけではなく、その「面白がるときの目の輝き」にあるのではないでしょうか。


推理は真似できないけど、面白がることはできる

このドラマを見ていて僕がいいなぁ、と思うところはそこです。浮世離れしたディーンフジオカに、不思議と共感できるのがいい。彼のたくみな推理をトレースすることは凡人の僕にはできないけど、同じように「面白い!」とニヤリとすることならできます。同じ気持ちになって、楽しいな、その謎を知りたいな、と思う、それが面白い。

それは日常においてもそうです。ドラマが終わって。あたりまえの日常になって。僕は獅子雄でもなく、ディーンフジオカでもない。でも、「面白くなってきた!」と、日々のなにげない生活に面白みを見出すことならできます。


ストーリーに変化が出始めた

ストーリーの変化もポイントでした。シャーロックの宿敵モリアーティを想起させる人名が出てきたのが印象的です。守屋(もりや)なる謎めいたキャラクターを、今後いつ出てきて、どんな役者さんが演じるのか楽しみです。ディーンフジオカのライバルを張る人物なので、誰がやったら面白いかなぁ~。キャスティングの人、めっちゃ頑張って!

あと、前2話まででほとんど推理と事件解決に貢献できなかった若宮くんが、ちょっとだけ精神科医としての職能を生かして獅子雄にプラスになる働きをしたのも心に残りました。
 
このドラマは、シリーズ全体を通してごくゆっくりと、レイヤーを重ねるように「若宮の役割」を開示していくということを狙っているのかもしれません。


まとめ

まあ、あいかわらず主演3人の男性俳優がえらいイチャイチャしていてやばいよね! 本当に言いたいのはこれですよ、これ。
ぶっちゃけ、解決編とか、推理の根拠とか、けっこうこじつけ感あるので真面目なミステリものとしてはその道の物語と比べると格落ちするかもしれないな、とは感じました。
 
でもでも、キャラクターの魅力で視聴者を楽しませようという狙いに関しては超一流のドラマだと思います。
 
謎とかそういうのはいいんだよ! っていう思い切りの良さ。要は、取捨選択が上手いんですね。なにを生かし、なにを捨てるか。ディーンフジオカをかっこよく見せよう、シャーロック原点の「語られざる物語」に焦点をあてようぜっていうコンセプトがはっきりしてて、柱がドーンと通ってる。だから、ブレない。

で、まあこれ書いている現在はもう5話まで放送しちゃってるので、急いで4話も5話も記事書きます!
 
それでは、またー!